LIXIL INAX アメージュZフチレスリトイレ+CF工事

今回吹田市にてLIXIL INAXのアメージュZリトイレ 手洗い付き アクアセラミックver +シャワートイレCW-E51をお取替えさせて頂きました。

アクアセラミックとはLIXILの最新防汚技術で、詳細は↓をご覧ください。

今回取替えさせて頂いたアメージュZフチレスリトイレは只今当店売れ筋NO1の商品になります。

汚れの付かない陶器、お手入れしやすい形状、節水、フォルム、施工のしやすさ、価格、・・・etc...

どれをとっても良いとこ取りのほぼパーフェクトな便器と言って良いのでは無いでしょうか。

今回タンクからの水が止まらず、お客様側でお調べになったところ、タンクから流水調節するフロート弁の付け根辺りに亀裂が入っていることが解ったとの事でした。

修理か取替えをご検討されているとの事でしたので、修理とお取替えのお見積もりを出させて頂いたところ、当方のご提案を了承下さり便器のお取替えでご依頼いただきました。

因みに正式にはサイフォン管という部材が折れてしまっていて、こちらの交換は部材代が少し割高で、尚且つタンクを取り外さないと交換出来ない為、その他古いパッキンも交換していく必要が出てきます。

施工前

事前現場調査でクッションフロアーが便器の型に沿って貼られていたため、新便器を据えるとクッションフロアーの欠損部が見えてきます。

なので、当店職人技術向上のCFモデルとして、通常の半額6,000円(税込み)で床の張替えも行わせていただきました。(+ソフト巾木2,500円)

施工中

便器を撤去すると排水管がエライ事に^^;

勾配の問題っ上継ぎ手をカットして4重にパイプが接着されていました。

新排水ソケットが入るように一つずつ炙り取ります。

撤去完了、パテ打ち、CF型取り

CF貼り

実は今回の便器は少し特殊な型で、外見、品番から「排水芯が120mmか200mmか特定できない」商品が付いていました。

これはLIXIL(旧INAX)でも解らないとの事。

その為、排水芯が120mmか200mmどちらでも対応できるように変換アダプターをあらかじめ用意しておきました。

排水芯は200mmでしたので、変換アダプターを使い便器を設置(使用しなかったアダプターは今後他の現場で使えますので、料金はかかりません^^

ソフト巾木取付、便器、シャワートイレの設置

壁とほぼ同色の巾木を張って、見た目をスタイリッシュに♪

施工時間は約5時間程でした。

お支払合計金額は全て込みで82,200円(税込み)となりました。

今後とも宜しくお願い致します(^^ゞ

https://www.yutakasetubikougyo.com/

最新記事
アーカイブ
タグから検索