洗濯防水パンかさ上げ及び給水栓移設工事

今回大阪市にて洗濯防水パンの取替えを行いました。

ドラム式洗濯機を買い替えたところ業者に排水接続位置、高さが合わない。給水栓の位置が低すぎるため、設置できないと言われたそうで、現地調査でかさ上げ式防水パンの入れ替えと、排水位置の変更、給水栓の高さを上げる移設工事をご提案させていただきました。

施工前

給水コンセント(埋め込み式)がかなり低い位置についていました。

築約20年との事で、移設のついでに水栓本体も最新のLIXIL オートストッパー(緊急止水付き水栓)LF-WJ50KQへの交換もお勧めさせていただきました。

準備万端、いざ着工

排水トラップが右下というかなりレアな防水パンが付いています。

何かしらの理由でセンターに持ってこれなかった可能性が有りますので、最悪、正面手前のセンターでも接続に問題ないことを洗濯機購入店に確認し、いざ撤去。

まずは給水から

給水コンセントの中はこんな感じになってます。

取り付けた職人さんが良い仕事してくれてますので、ネジが死ぬほど堅かった:;

これだけ腕の良い職人さんが行った配管ならこのマンションの給排水設備はあと20年、30年後でも安心でしょう^^

HIに変換し、給水位置を30㎝以上上にずらしました。

水を張って漏水検査の合間に排水管の工事です。

しっかり水漏れを確認し、壁の復旧

9㎜のコンパネで復旧いたしました。

壁紙は後程お客様がご自身で貼られるとの事で、給水栓を取り付けても構わないと了承を得て取り付けいたしました。

仕上がり!

沢山のご厚意誠にありがとうございました^^

今後とも当店をよろしくお願いいたします!

https://www.yutakasetubikougyo.com/

最新記事
アーカイブ
タグから検索